設計事務所の役割

設計・監理行為とは建て主の思い、すなわち夢や理想に対して構想を描き、そしてその構想を多くの職人との協同作業によって安全で耐久性のある確かな建築へと具現化することであると考えます。

設計・監理フロ−

■建て主との会見
-設計・監理業務の内容についての説明
-建築計画に伴う設計条件の確認(予算、規模、内容、工程等)
-建築計画に必要な法規についての説明
-建築の安全性、耐久性について説明
-施工、工事費等について説明
■現地調査
-地域性(自然、歴史、風土など)の分析
-気候条件については気温、湿度、雨量、恒風の分析
-周辺環境および生活環境の分析
-法的確認、役所との事前協議
■測量、地盤調査
-敷地測量、地盤調査
-立会いによる境界線の確認
-地盤調査の結果に基づいて基礎の検討
■基本計画
-要望など設計条件の整理
-スケッチや模型によるスタディ
-基本構想をまとめ、基本計画案の作成
-計画案について説明、承認
■設計・監理契約
-建て主と設計者との設計・監理業務委託契約
-設計工期についての説明
■基本設計
-全体の基本構成をまとめる(意匠、構造、設備)
-基本設計図書の作成
-概算見積書の作成
-CG、完成模型の作成
-確認申請書の作成
-設計図書、概算見積書ついて説明、承認
■実施設計
-材料など仕様や納まりを検討し、詳細な設計図書を作成
-構造設計図書、設備設計図書の作成
-見積書の作成
-設計図書、見積書について説明、承認
■見積り
-施工者への見積り依頼
-施工者より提出された見積書の検討
-必要に応じて見積書の再提出
-建て主への見積り内容について説明、承認
■施工者決定
-建て主と施工者との工事請負契約(契約図面、工程表の添付)
-工事工程の説明
■着工
-設計図書に基づいて現場監理
-施工図のチエック
-現場打合せや各工程に於ける検査(週1、2回)
-監理記録書の作成、工事写真の確認
■完成、検査
-施工者自主検査、設計者検査、役所検査
-住宅瑕疵担保責任保険等に関する検査
-手直し工事後の確認
-完成報告書、監理報告書の作成
-完成写真の撮影
■引渡
-鍵、工事写真、竣工図、確認申請書(副)、カタログ、保証書等の説明
-役所より検査済書発行
■1年後点検
-1年後、建物各部の状況を点検
-点検結果報告書の作成
(註1)
設計・監理業務委託料は延床面積基準・作業時間で算出します。
(註2)
新築住宅の設計・監理業務委託料は延床面積に対して20、000円/u程度、構造設計が必要な場合は加算されます。
(註3)
測量費、地盤調査費、確認申請料、役所の審査および検査料については設計・監理業務委託料には含まれません。